万年筆な日々

万年筆にハマったファッションデザイナーの記録。

FPLL(FOUNTAIN PEN LOVE LETTER)
にご興味、ご参加希望の方は過去ブログをご一読下さい。
こちらをクリック→http://bbink.blog.jp/archives/54046449.html

カテゴリ: 部屋と万年筆と私

何だか一気に夏の様相!今年一発目の入道雲的なヤツを見た!

暑さに弱いオイラは昨日の雨上がりの湿度に恐れをなして、本日散髪に!パナマを被るにはちと早い!なので、清涼感アップ!! 
前回の散髪からオールバックスタイルが気に入ってる。
(サイド&襟足周り刈り上げは涼しい!!)
柳屋グリースLOVE!! 笑

昨日のブログで一部アップした

geha(ゲーハ)

天気も良く、散髪してスッキリしたので、久々に色々撮影して見ました!笑
FullSizeRender 3
正式モデル名はgeha 736というらしい。以前に同じ万年筆の色違いを紹介しています。
http://bbink.blog.jp/archives/34182746.html
FullSizeRender
1960年代に登場したモデルで、当時のラインナップの中ではキャップがロールドゴールド(極薄金張り)で、まぁまぁの高級モデルであったと思われます。
FullSizeRender 4
以前持っていたセピア軸のgehaはある時いきなり首軸が折れてしまいました!!
モンブラン等にもあるらしいのですが、60年代のプラスチック樹脂!?は脆弱らしく、オイラのセピア軸同様にある時ご臨終すること多々あるらしいのです。
IMG_1714
物凄く気に入ってた書き味のペン先を備えてたので諦めきれずにいた時に、この時もたまたまオークションでボルドー軸の同タイプを入手出来たので、現在はペン先を交換して使用中!!
で、今回のブツは細字巾!!欲しかったのです!!コイツ!!
IMG_17182
ネットで見ると通常736のモデルは14kのペン先が付いていますが、今回のは18k!
いいね〜〜〜!!
(実はボルドー軸には14kの細字巾ニブが付いていたのですが、18kとは全くペン先の柔らかさというか紙当たりの良さが違うのです!!)
IMG_1720
gehaならではのインクリザーバー機構!最後にインクなくなったと思った時に、このオレンジの部分をグイと軸内に押し込む(2~3mm)と残り少ないインクをペン芯に誘導するシステム。

最近万年筆にハマり込んだ人達からよく聞かれる。

「鉄ペン先より金ペン先の方が書き味いいのですか??」

通常、鉄より、金、金なら14kより18kなんて言われますが、

そんな事はありません!!

少なくとも現在の万年筆の事で言うと、柔らかさと書き味の良さは比例しませんし、インクの種類やインクフロー、字巾によっても随分と変わります。また、長時間筆記するか、しないかでもかなり違います。基本的に柔らかいペン先を持つ万年筆で太軸になると、相当慣れない限り長文筆記は疲れます。また、同じように柔らかいペン先で字巾が細くなればなるほど慣れないと疲れます。理由は共にペン先のコントロールが上手く出来ないから。
FullSizeRender 6
今回のgehaはペン先の構造上、上下に良くしなります。
これが太軸であるとコントロールが大変です!
細軸のおかげでペン先のコントロールが塩梅よくいきます。
あれ!?今、気がついたのですがこのペン先にはハートホールがあるなぁ!!
以前のにはなかったぞ!よ〜く見れば形状も今回の方がコンドルのジョーぽい!!笑

gehaは鉄ペン先を備えた物も持っていますが、これは736より少し太軸で鉄ペンならではの剛性があるお陰で絶妙な書き味があり、こちらも長文筆記でも快適です!

現在の鉄ペン先は非常に良く出来ています。特に国産大手3社の鉄ペン先を有する安価な万年筆は相当良い書き味で、金ペン先を有する高級な万年筆より試筆での書き心地は良かったりします!笑

先日、英国ビンテージのオノトの大型ペン先(鉄ペン先)で試筆のチャンスがありました。
正直めちゃくちゃ良かったです!!絶品でした!!

筆記体もしくはブロック体のアルファベットを書く国の人達が求める書き心地の良さと、日本語の求める書き心地の良さは恐らく全く違います!日本語も縦書きか横書きかで違います!

オイラは基本横書きです。
最近ようやく万年筆に慣れてきて(使用5年目に突入。年間で便箋は400枚前後+ノート2〜3冊+手帳は書いてるな〜笑)ペン先の使い方と言うか、コントロールを上手く出来るようになってきた気がします。そうなってくると、余計に縦書き、横書きの筆記感の違いも顕著に感じますし、欧米の文字を書くことがどう言う事かもなんとなく分かります。

書き心地の良さと言うなら、先ずは書く事です!
使いまくっていれば色々と分かる様になる気がします。余程のアンバランスや不具合がなければ未調整で書いていくだけでもかなり色々と感じます。

文字をたくさん書かない人にとっては、最初の紙当たりが気になると思います。
そう言う楽しみ方もあっても良いとは思いますので調整大好き、柔らかペン先大好きもよろしいかと思います。

万年筆のペン先は育つもんです。

ちなみに今回のgehaのペン先は良く使い込まれていて、筆記角度がオイラとニアなので極上の書き味です!!18kで上下に程度にしなり、コテ気味の細字巾!!分かる人には分かる極上の書き心地!!笑

あ〜〜〜ロマンだ!!アハ



 

久々に1本!

最近、激アツバトルのせいか、多くのブツが最初から強気の設定であります。

でも、アレ!?って価格のスタートで、 最後まで誰も入札してこない!!

WA〜〜〜O!!

イイね〜〜〜オークション!! 
オイラ大好物のGeha
 
この軸色は初!!ビンビンのええニブしとります!!
学生用!?入門用!?なめたらあかんぜよ!!笑

ロマンだ!!アハ
やはり、諦めたら負けだな!!笑 

2夜連続のドラマを見た感想。

かるいね〜〜〜!!

全てに於いてオイラ的には軽く感じた!!
最近は軽い方が良いのか?予算が軽いのか?努力が軽いのか?才能が軽いのか?

何れにしても軽かった!笑

時代なのだろうが、何もかもが軽く感じる。
それはそれで需要があるのだろうから良いのかもね!

でも、それでは物足りない人も大勢いるだろうが多勢に無勢なのか?今は軽い!
(もしかしたら、オイラの頭の中が軽いだけかもだが・・・笑)

万年筆も今や軽いのが主流か!?

重量の事だけを言ってるのではないですよ!(多少はある!?笑)

音楽も、映像も、洋服も、万年筆も、その他色々軽くなってきている!

そうか〜オイラがきっと重くなってるんだなぁ〜きっと!!笑
でもね、軽すぎるのも頼りないんですよ〜〜〜!!

本当にロマンが詰まっているのか!?

てな訳で、今宵はこれでも聞くことにする。

時の過ぎゆくままにこの身を任せ・・・まだ嫌だな!!重くても!!笑
今日は重めのワイン飲んでどっぷりといく。
 


職員室のドアを開けた式子は、
「あんたら、今すぐ出て行きなはれ〜〜〜!!」

って言うのか!?笑
昨日の放送見て色々と言いたい事山盛りあるが、今日もそれを含めて楽しませてもらう!!

そう言えば、先生は万年筆何を使ってたんだろうか??
日本製?フランス製?
パイロット?セーラー?プラチナ?ウォーターマン?いやいやS.T.デュポンか??笑

ロマンだ!!
あと10分です!!笑
 

金曜の夜。
初東北からもう1週間!!

早いなぁ〜〜〜!!

こんなに早く時間が過ぎて良いものなのか!?笑 
気分的にはもうワープも必要なさそな感じ!!
今週は風邪で寝込んでしまった事もあるので余計に!!

春になって又新たなFPLLメンバーも増えつつあり、風邪から復帰後養生も考え溜まったFPLLの返事をカキカキ!!

会員人数が増えた事と仕事が忙しい事もあって現在レギュラーメンバーには1ヶ月前後の返信タイミングになりつつある。ごめんね〜〜〜待っててね!!笑

時間を置いて改めて手紙を読むと、何とも新鮮に感じる事多く、少しタイムスリップ気分も味わえてこれはこれで楽しい。電話やEメール、SNSのメッセージ機能と違って手紙にはタイムラグがある。このタイムラグがオイラ的には気に入ってる!

それこそ、海外から送ると1週間やそこらはザラである!

昔(過去)から来る。

今の若い人達にはこのロマンはなかなか理解出来ないかも知れない!?
でも、是非味わってほしい感覚である。『時間』が何かを確実に感じる!
そう、生きるとは『時間』を生きるのである。これが何となく感じれるのである!!

実写やアニメにもなった事がある筒井康隆先生の小説「時をかける少女」、そしてまさかの実写映画になる荒木飛呂彦先生の人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険・スターダストクルセイダーズ」に登場する最強のザ・ワールドというスタンド能力。これら全て『時間』をテーマにしている。

時間に自分自身は合わせることは出来ても、時間自体をコントロールすることは人間は未だに出来ない。それ故に時間には多くのロマンが詰まっている!!

過ぎた時間を戻す事は出来ない、もちろん先の時間を持って来る事も出来ない!

人は今を生きるしか無いのだ!!

人の命は長くてもせいぜい100年ほど。しかし、人間の作った物は100年どころか何千年前の物でも残ったりする。万年筆ですら既に100年ほど前の物がその当時の状態で出て来る事もある。手紙に至っては何百年前の物も山盛り存在する。

そんな長きの時を超えた多くの物から少しでも、ロマンを感じれれば良いと思うし、
そこから少しでも今を生きてることに対する感謝を感じれれば良いなぁ〜

地球は決して人間の作り出した物では無いし、今も作り出せない。
過ぎ去りし時間から学ぶことは山盛りある!!

人間よ驕れることなかれ!!
ロマンを忘れるべからず!!


目耳に入るニュースに対してのオイラの切なる願いである。

 

↑このページのトップヘ