万年筆な日々

万年筆にハマったファッションデザイナーの記録。

FPLL(FOUNTAIN PEN LOVE LETTER)
にご興味、ご参加希望の方は過去ブログをご一読下さい。
こちらをクリック→http://bbink.blog.jp/archives/54046449.html

カテゴリ: インク

東京の蔵前にあるステーショナリーショップカキモリINK STANDがオープンしているそうだ。
(明日29日発売予定の最新趣味文vol.31の紹介にはインクバーとなっている!オヨ??)

自分の好きな色のインクを調合してオリジナルカラーインクを作れるそうだ。
詳しくはこちら→http://www.kakimori.com/wp286/?p=2319
16色のインクの中から3色を選び約30分でオリジナルインクが完成するとある。
(恐らく元インクは米国製のプラベートリザーブ??)

おぉ〜とうとうお店でオリジナルカラーインクを調合して販売出来る様に!!
如何に万年筆のインクを楽しむ人が多くなって来ているかを物語っている気がする。 と言う事は単純にインクを使って書く(万年筆、ローラーボール、ガラスペン、等等)事が増えている証であろう。

自分もルビナートのガラスペンを1本所有しているが、やはり万年筆の書き味とは全く違う。
(ちなみにガラスペンは日本が発祥で後々海外に広がったそうだ!驚き!)

当たり前だが、ガラスにはしなりが全く無いので書き味はカリカリ、サリサリしたものである。 インクの色を見たりするには最適で、水につけるだけでサッとインクがキレイに落ちるので何色もの色を見るには最適である!ただし、万年筆のインクフロー、字巾とは全く違うのでガラスペンで見る色と同じ色味が万年筆で書けるかどうかは別だと思っていた方が良い!

最新の「趣味の文具箱vol.31」にもインクパラダイスなるトピックもあるので楽しみだ!

先日、白星アニキと萬談を楽しまれた色遊びさんに至っては400本ものインクを所有し、ご自分でインクを調合してオリジナルインクを楽しまれているそうだ。メーカーの方は混ぜない様にとの基本使用方法が書いてあるのだが、購入後自分の責任でどう遊ぶかはもちろん自由だ!そして、それが良いと思って自分もやるのも自己責任で問題無い!

そもそも、日本でカラーインクが今ほど無い頃には黒、青、ブルーブラック、赤、基本色が中心でそれで表現出来る雰囲気は限られていたんだろうなぁ・・・多分イメージするに、万年筆はお堅い雰囲気で使う筆記具で、決してカジュアルな雰囲気で使う物では無かったんだろうなぁ・・・

自分達が子供の頃には既に色鉛筆、クレヨン、絵の具、マーカー等カラーバリエーションが豊富なのが当たり前の時代に育った。なので万年筆のインクがそんなに少なかったのには最初驚いた!それだけ、万年筆と言う筆記具が特殊な状況になっていたのだと!!

芸術の国と呼ばれるフランスでは1966年までフランス全土の小学校の指定インクがエルバンのヴィオレパンセという紫のインクだったのだから、やはり日本と海外では随分と違う感覚だったのは間違いない!当然エルバンのカラーインクの展開はきっと随分昔なのだろうと推測する!

エルバンのインク製造開始は1700年!!(1702年日本では赤穂浪士の討ち入り!)
ちなみにヴィオレパンセはフランス第一帝政時代(1804〜1814)から小学校の指定色!!
スゲ〜!!
それから、200年以上たった今、日本でカラーインクが流行っている!

何だか途方も無い歴史の差にただただ驚くばかりだ。
そして、やはり万年筆(当時は付けペン?羽ペン?)は海外から来た物だと改め思った次第である。

今日25年来のパリの友人から怪我のお見舞いと7月の誕生日のプレゼントが届いた。

ちなみに彼女は11月にメキシコの国際イベントに招待されていて、現在メキシコのマリクレールにも紹介されている。それがこちら(もちろんスペイン語ですが。)→http://www.marieclaire.com.mx/estilo-de-vida/tiempo-libre/14/09/24/el-arte-de-la-moda-festival-de-cine-y-moda-asvoff-mexico/?utm_content=buffer0cc8a&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

添えられた手紙は薄い紫の紙にヴィオレパンセで文が綴られていた!  う〜ん素敵である!
2014-09-28-06-19-50

頂いたノートは見た事無いメーカーのハードカバーノート!!
Alhambra Gateと中に小さく書かれているので、表紙のデザインはアルハンブラ宮殿の門がモチーフなのか??
スゲ〜〜〜!!
紙は厚めで多分万年筆でも問題無く書けそう!何書こうかな〜〜〜!!笑 

あ〜ロマンだな〜!!笑

多分、送った本人は上記に記した事は無意識だと思う。
単純に美しいと思ってチョイスしているに過ぎないと思う!

しかし、そんな紙とインクが普通に有るのがフランス・パリなのかも知れない!
昨日、某有名文具店にそんなカラーのシンプルな無罫の便せんを探して見たが一つも見当たらなかった・・・ファンシーなプリント物は色々有るのだが。今やそれが日本らしさ?!

さぁ、何でお返事するか??
考えなくては、和風か、オリジナルイラストか、絵葉書を封筒に入れるか?
こういう楽しみが有るのが嬉しい!!

そんな手紙やハガキのやり取りで、思い思いの万年筆やインクを使われるのは如何ですか?
FPLL/エフピーエルエル(Fountain Pen Love Letter)の参加募集中です!!
今迄とは違った万年筆の楽しみ方や、新しい感覚きっと楽しめると思います!!

FPLLって何?ご興味ある方、ご参加希望の方は下記記事をご一読下さい。
こちらをクリック→ http://bbink.blog.jp/archives/12168623.html 

皆さんふるってご参加を!!一緒に万年筆で楽しみましょう!!



 
 

今週に入って一気に気温が下がり、秋の訪れを間近に感じる日々。
暑がりの自分も半袖が朝夕はもう肌寒く感じます。

街中も一気に半袖姿からスーツ姿に変身したサラリーマンの方を多く見ます。

そうなんです。もう今日は8月最後の金曜日。
夏休みも残す所後2日!!
宿題の終わっていない子供を持つ親はこの週末何かと忙しくなるかもですね!笑
(自分もかつて子供の頃は間違いなくその一人!今頃から日記を書かないと行けない羽目に!笑) 

てな訳で、万年筆も少しづつ秋の準備に取りかかります。

夏の間に大活躍してくれていた爽やかな夏らしい色のインクが少しづつ季節外れな印象が強くなり、どことなく哀愁漂う秋らしい色のインクが使いたくなります。

色々ありますからね〜〜〜悩みます!!なんたってインク沼ドボドボなんで!笑

それでも飽き足らず(秋足らず!?笑)、先日から少しづつ色々追加中! 笑
そのうちの1色を今日はご紹介。さぁ、3日ぶりのロマンですぞ!! 
得とご堪能下され!!
ご紹介のインクはこいつだ!
ドボドボドボ〜〜〜笑
IMG_5541
丸善アテナインキ 日本橋 エターナルブルー
2009年発売なので、もう5年前 なんですね〜!!
箱を開けると、
IMG_5542_2
そうです。お察しの通り、こやつもセーラーのインクですね。
蓋を開けると、
IMG_5544_3
おぉ〜瓶の口が赤光っておりますな〜インクの色は、
IMG_5546
キレイな青ですな〜
では早速書いてみました。
IMG_5548
ほぉ〜〜〜なかなか良い感じの色です!ウォーターマンのブルーブラックよりもパーカークインクのブルーブラックよりも青いですが、いわゆる青ではなく緑が効いたブルーブラック?
IMG_5550
今回のノートはクリームフールス紙のクロッキー帳。いい塩梅です!
瓶のフタに赤光りがあったのですが、クリーム色の時は然程目立ちません。
そこで例の奴を書いてみました。
IMG_5540
今日は何故か髪型が七三分けに!アハ! これもなかなか味わい深くて良い感じです!
万年筆はデュポンのエリプシスに吸入。豪華な金ピカが心無しか古のペンにも感じる!
オ♥二
IMG_5552
拡大するとやはりインクが重なっている所は赤光りしてますな〜!
でも、何故かこの色だと許せちゃうな〜〜〜!!
ハイ!お気に入り登録!!
一足先に秋気分満喫です!! アハ!!

で、このインクに他のインク似てないかと言えばパイロットiroshizukuの「月夜」に近い。
ただ、これも比べてみると「月夜」よりも緑味を抜いて青を足した感じ!!

この少しの差で気分が随分と違うんですな〜〜〜
いや〜こういうのをなんて言うかって??
そりゃあれですよ ・・・
 
ロマンですよ〜〜〜皆さ〜〜〜ん!!

いや〜3日振りのロマンを堪能出来ましたでしょうか?
もう、ロマチュー(ロマン中毒)にはたまらないハズ??笑

ご迷惑、ご心配をお掛けしましたが今日よりまた復活です!

 

今日は残暑爆発!!猛烈に暑かった!!
ふぅ〜はよ〜秋来て〜〜〜

二日前PILOT/Capless decimo Red/Fに吸入した英国のインクDIAMINEPOPPY RED
その時のブログ「あか〜ん」をご確認下さい。→http://bbink.blog.jp/archives/11377526.html
(しかし、decimoはどれも書き良いですな〜!!お気に入りだす!!笑)

吸入直後は少し明るめのオレンジが混じった朱赤気味の明るい赤だった。
あ〜DPRお前もダメなのか・・・笑
注:DPRとはDIAMINE POPPY REDの略!なんかカッチョイイかな??笑

あれから二日後の今日、再度色確認をしてみた。
オホ!
少し色味が変わって来たじょ〜!!
IMG_5342
右が吸入直後(約1時間後)。左が今日!
ハンゾウの表情の通り、明らかに朱色味が減って赤味が強くなってきてる!
おぉ〜最終的にはどうなるんだ〜〜〜!!笑
塗りつぶしの部分ではまだ朱色味が残っているが、文字や線で見ると黒ずみの少ない鮮やかさを保った赤に見える!!もしや・・・
DPR!お前はロマンなのか??笑 

 人生バラ色!!今後も注視していきたいと思います!! アハ!

本日訪問者数25000を越えました!
ご訪問、ご拝読有り難うございます! これからも宜しくお願い致します! 

今日は天気がイマイチ。

休みも今日迄なので何処かに出掛けようと思っていたが、
気分が乗らず近くで買い物だけ済ました。 

お昼過ぎ迄は前々からリポートをアップしようと思っていた近頃気になる
各種赤インクのチェック!(最近、ホントにインク沼ズブズブです!笑)

手元に新たに入手した赤インクは約6種類(ボルドー系のワインカラーは除く。)

PARKER QUINK/RED
WATERMAN/RED
DELTA/RED
DIAMINE/POPPY RED
PELIKAN EDELSTEIN/2014 LIMITED "GARNET" 
白星スペシャル(SAILOR)/The RED


今回何故このような調査を始めたかと言うと、普段手帳用に使っている赤が朱色に近いオレンジの混じった蛍光色にも感じられた鮮やかさがオイラの好みに合わなかったのである。
(どこのって?そいつは口が裂けてもいえね〜〜〜!!笑)

求めているのは
乾いても黒ずまない(ボルドー系統にならず)、
朱色(オレンジ混じり)系ではない、
ピンク系ではない、
そして鮮やかさと高い明度を持っている染料系インク!


まさに絵の具の赤に近い『真っ赤』を探し求めている!!

これが万年筆用インクとなると難しい!
基本的に日本で使う赤インクの色基準は、昔、習字の時に訂正の際に使われていたオレンジ色の朱色が基本になっているのでは?と思われる。昔から朱は少しオレンジが混じった赤で今の絵の具の赤や色鉛筆の赤とは違う。(昔の赤鉛筆[色鉛筆でない]は朱赤だったはず!)特に顔料を混ぜない染料系の赤インクとなると朱色系が強いか、ピンク系が強いか、もしくはダークレッド系になってしまう。

そこで、いろいろ調べて先ずDELTAの赤を購入!
(イタリアもそうだが国旗に赤の入っている国はそれなりに拘りがあるだろうと睨んだ!笑)
書いてみて思ったのは流石イタリア、正にトマトの赤である!!黒ずみも無く朱も混じらず!しかし、少し色目が薄い!
惜しいっ!!

次に入手が白星アニキが小分けしてくれた、WATERMANとアニキスペシャルのTHE RED
WATERMANは最初いい感じに美しい理想の赤なのだが、乾くと黒ずんでダークレッドになる!そして、アニキのTHE REDはほんの少し朱が混じった様な赤で発色は良い!
両方共かなり惜しいっ!!

それならば英国はどうだと!
PARKERの赤を入手。こいつは思った様な色味にかなり近いのだが、それでも少し濃すぎて少し黒ずんだ様にも感じる。
非常に惜しい〜〜〜!!!

最後に行き着いたのは同じく英国のDIAMINE!これは店で同形等の色見本を散々チェックした挙げ句にこれはと思う4色のDIAMINEを試筆させてもらって決めた1色!
おっ??あん??おや?? 

そして、書いてみたのがこれ!

かなり微妙な状況!!笑

わかる??笑

わかんねぇだろうな〜〜〜!!笑

しかし、現在の所自分の中で納得した赤は・・・

アハ!
まだ決まらな〜〜〜い!!笑 


非常に明るく乾いても黒ずまず、朱やピンクも感じない! これは相当難しい!!

実際書いてみるとかなり「真っ赤」と言うのが如何に難しいか良く分かる。 
ただ、どのインクも文字を書くとそれなりに味があっていい!!

昔は、
赤インクで書くなんて!!
縁起でもない!!
って怒られそうだが、は他に無い魅力があるんだな〜〜〜! !

今後も赤インク沼ズブズブ調査は続くことになりそう! 笑
(まだ、プライベートリザーブや神戸インク等他にも気になる色が幾つもある!) 

Capless Decimoの赤軸に取り急ぎ赤インクを吸入した! 
ひとまずDIAMINE/POPPY REDを!

う〜ん!ロマンは続く!笑

台風も過ぎ去り、空には気持ち良さそな雲がビュンビュン流れていきます!!
  IMG_5128
さて、そんなお盆期間中の今日も引き続きWAGNERのレポート。

今回はハンゾウ印のインク販売はお休み。
するとこのブログでインクレポートやロマンをたくさん語ったお陰か、インクの小分けのお誘いがありました!そこでいつものハンゾウ印で使う10mlのボトルを幾つか持参!

頂きました〜〜〜!!ビン3つ!!
IMG_5118
うひょひょひょ!!
本当は2つだったのですが先方からもう一つのお申し出があり!!3つ!!
中身は何かと申しますと・・・
IMG_5120
ジャ〜〜〜ン!!
きっちりラベルも作らせて頂きました!!笑
おぉ〜ヴワル図書館さん(ラベルにはオイラ的な発音で表記ヴァワルと!笑)からは、
今や高級インクの代表格おフランスの
LOUIS VITTON〜〜〜!!
そして、HIDEさんからはドイツ代表で先ず
Edelstein〜〜〜!!
そして、さらに鉛筆の色をイメージしてもらったという石丸スペシャルの、
SAILOR〜〜〜!!
どんな色かって・・・旦那焦っちゃダメですゼ〜〜〜!!!
そんなに焦るとロマンがなくなっちまうじゃないですか〜〜〜笑
IMG_5126
キレイに白星アニキ特製インクケースに収めてしばし堪能!!笑
夏スペシャル!
イエローSPハンゾウラベル!!
IMG_5123
 アハ!!
次回は赤ずきん半さんも何やら小分けのお申し出頂き、あ〜夏休み気分全開だ!
ロマンだぜ〜〜〜!!笑 
続きは後ほど!! 

↑このページのトップヘ