万年筆な日々

万年筆にハマったファッションデザイナーの記録。

FPLL(FOUNTAIN PEN LOVE LETTER)
にご興味、ご参加希望の方は過去ブログをご一読下さい。
こちらをクリック→http://bbink.blog.jp/archives/54046449.html

カテゴリ: 万年筆

3月に入ってもまだ肌寒い。今日はちらほら雪まで降った。

それでも先日ちょっと気の早い冬眠明けカエルを発見。そうだ思い出した!!

我家のカエルもそろそろ起こそう!

それはフランス製のPARKER SONNET LAQUE シリーズの1990年代のペン。
当方こいつをカエルペンと呼んでいる。
IMG_3125
詳しい事が良くわからないまま昨年末にオークションで落札した。
(写真もぼやけ気味で少々怪し気だった。)
IMG_3126
軸の模様がまるでカエルの様な色と模様に惹かれて落札したのである。
(既に手元にあったソネット・フジェールがフランス製でバイカラーのペン先が付き
書き味も良かったと言う信頼感が後押ししたのは間違いない。)

しかし、届いたカエルペンのペン先が見るからに怪しい!!
IMG_3127
ネットで調べるとSONNET LAQUE シリーズのペン先は18Kペン先らしい。
ところが自分の手元にあるこのカエルペンのペン先はどう見ても18Kには見えない。
ロゴの刻印と2本のラインのみで何処にも18Kの文字は無く、
何となく薄っぺらいペン先が安っぽくも感じる。

う〜ん、正しい答えは恐らくこの4つ中のどれか。

①最初からバリエーションに廉価版のSTペン先があった。
②誰かがペン先を交換した。(75の初期ペン先を移植?)
③これが本来の姿で自分が無知なだけ。(一番あり得るかも?)
④まっかな偽物。(パーカーだけにあり得るのか?)

激安だったので、どれも可能性はある。しかし、出来る事ならせめて④でない事を願う。

そして今日、複雑な気分のまま冬眠明けカエルペンにインクを吸入。
軸に合わせて丸善の限定インク「玉露」をチョイス!

書いてみると程よく柔らかいペン先で案外書き心地は良い。
う〜ん、気分は更に複雑になった。
IMG_3124
こやつの正体は幸運のカエルか?はたまた毒カエルか?

う〜ん、まだまだ万年筆の謎解きは続きそう・・・!!
 

前回のブログに「可愛気が無い!」と、このブログの最初の読者である
相方(当方では嫁の事を相方と呼ぶ。)からダメだしを食らったので、可愛気ある
万年筆ブロガーになれるよう改心!(チョーカワイイと言わせてやる〜笑)

さて、実は昨日は趣味文購入だけでなく、実は取り置いてた3月の1本目をお迎えに。

ブツはイタリア・フィレンツェのVISCONTI「デッセ リングド ブラウン」。
(日本未入荷の90年代の限定モデル。)
IMG_3102
軸はビスコンティお得意の1930年代のビンテージセルロイドを使用。
ビンテージセルロイドのしっとりと手に吸い付く感じはたまんない!!
IMG_3098
パーカーのビンテージペンを思い起こさせる手の込んだ軸模様は何とも美しい!
ビンテージペンではないので、クリップやリングの輝きも美しく軸の美しさを引き立てる。
IMG_3111
光に透ける何層にも重なったブラウンリング!はぁぁ〜ベッロ(イタリア語で美しい)!!
IMG_3100
ニブは14KのM。書き心地は固めであるが書き良い。
この華やかな軸にビスコンティのバイカラーニブは良く似合う!!
IMG_3107
インク吸入はピストンフィラー(尻軸を回し外し中の黒いノブを回す)
また、現行のクリップとは違いPILOTカスタムの様な先丸玉のシンプルさも好み!!
(どうしても現行のクリップが苦手なんだな〜VISCONTIの文字が目立ちすぎる!)

やっぱりイタリアのペンには華がある。何か持ってるだけで気分が上がるな〜!!
これ持って出るならオシャレもしたくなるって感じ・・・う〜んボンジョールノ!!

購入したペンには好きなインクを入れてくれるサービスがあるので出たばかりの新製品。
セーラーのジェントルインク「四季彩」から軸色に合わせて「土用」をチョイス!
IMG_3114

「四季彩」他の色も全て試筆させて頂いたが、どれも魅力的な色なので何色か欲しい!
今回は悩んだ上で先ずは「時雨」を購入。このインクレポートは又次回!!
 

万年筆をもっと知りたくて最初に手に入れた「趣味の文具箱 vol.25」
IMG_3069
表紙は黒バックに浮かぶモンブランの王者マイスターシュティック149のクーゲルニブ。
(クーゲルはペン先のイリジウムが上にも付いている人気のヴィンテージペン先。)
この表紙を見た瞬間、

カッコ良い〜!!

この1冊が万年筆コレクションに至る大きな切っ掛けになった事は間違いない。

そして、それから一年経たずの今年の初めとうとうクーゲルが!
Montblanc 242G。50年代の歴としたビンテージペンである。
小振りサイズで可愛らしく軸もしっとり〜!インク窓の色も好みのアンバー。
IMG_3062
この242、244、246はクリップ先の形状がスクエアになっているのが特徴である。
IMG_3066
金ロゴも立派に残っていて、ホワイトスターの変色もビンテージらしくいい塩梅!
IMG_3063
尻軸にはしっかりKF(クーゲルファイン)の表記。そこで同じ様に!
IMG_3072
どう!?なかなか良い感じでしょ!!
242はさすがにペン先小さいから極小クーゲル!でもクーゲルはクーゲル!good!
さて、肝心の書き心地は!
IMG_3080
他のペン先とは違う独特な書き心地。文字が自然に繋がって行く様な感じ!!
他のクーゲルも書いてみたいな〜
でも、そう簡単にはいかんだろうな〜
 
 

パイロットの初心者向け万年筆「カクノ」。
万年筆とのはじめての出会いが、大切なものとなるように。との思いが込められているそうだ。

発売直後店頭の試筆で書き味が良いのにビックリした!価格も驚きの1,050円!

カートリッジだけでなくコンバーターも使えるので、色々なインクも気軽に使える。 

書き味が良いので字幅Mを買うつもりであったが、これが良すぎて同じスチールペン先である
LAMYのサファリの出番が減るのが可哀想なのでFに!
IMG_3047
手帳用に赤い軸のキャップレス・デシモに赤インクを入れて使っていたが字幅Mで少し太すぎた。
そこでこの赤インクを赤キャップのカクノに入れたのである。
(手帳用に買ったキャップレス・デシモの赤軸であったが、赤を外で使う事がほとんど無かった。)
 机の上にころんと転がる様は愛嬌あっていい感じである。
軸色がグレーなのも何だかプラモデルぽくって好み。
IMG_3055
IMG_3056
既にペンの事は多くのブログでも紹介されているのでこれ以上は割愛するとしよう。
まぁ、先ずは気軽に1本お勧めである。

実はペン自体もさることながら、自分がツボに入ったのは説明書や箱に書かれたイラスト!

どなたが描いたイラストかは知らないが良い!
(どなたか誰かご存知あれば教えて欲しいなぁ〜!)
こいつ、何かかなりカワイイぞ!! なんて名前だろ?
IMG_3049
IMG_3051
IMG_3052
着ぐるみ化だけはしないで欲しいと切に思う。

そうそう、もう一つ疑問が!
アルファベット表記の時のuの上の点々は単純に顔に見せたかっただけなのか?
フランス語?ドイツ語?誰か知ってる〜??

昨日、新参者が到着。
実は先週、雪の降る前にあるお店のネットで発見。未使用品だ〜!!!

w(゚o゚)w オオー!

そいつはこれ! 
IMG_3007
何だかわかるでしょうか?
そう!
エボナイト軸に漆塗りで18Kの大型15号ペン先。パイロットのフラッグシップである・・・

CUSTOM 845

IMG_3016
IMG_3010
それもペン先はBBの極太!
IMG_3013
いやぁ〜キレイですな〜真っ黒の漆ボディは吸い込まれそう!!
何本かPILOTは持っていますが初のバイカラーペン先!
何とも威風堂々としております!その佇まいは何て言うか・・・そう!

千葉真一の『影の軍団』!!

なんだそりゃ!?って思う人も多いと思いますがそんな感じ・・・にしては金色が眩しい!
(昨日、陰陽師Ⅱとか見たからかな〜)
IMG_3018
手にすると何ともしっとりとしていて、手に吸い付く感じがたまらない!
漆塗りは使えば使う程手になじみ独特の光沢が出るらしい。
まだ、試し書きもしていません。噂では柔らかいペン先で極太ニブの書き心地は最高だそう!

はぁ〜何色のインク入れよう??

いつもの事ですが新参者にインクが決まる迄下手すると1ヶ月かかる事もあります。
それぐらいペンとインクの関係が自分の中ではとても重要で・・・
こりゃ、ほとんど病気かも知れません。

我家にある大型ペンと並べると若干スリムな日本代表!
上からモンブラン149 70's、CUSTOM845、ペリカンM1000。
IMG_3021

う〜んやっぱり大型の仏壇系はいいなぁ〜!!うっとりしちまう。

とは言え、現在我家にはミクロマンからジャンボマシンダーまで様々ですが( ̄ー ̄)ムフフ


 

↑このページのトップヘ