万年筆な日々

万年筆にハマったファッションデザイナーの記録。

FPLL(FOUNTAIN PEN LOVE LETTER)
にご興味、ご参加希望の方は過去ブログをご一読下さい。
こちらをクリック→http://bbink.blog.jp/archives/54046449.html

カテゴリ: 万年筆

日経平均が23000円台に回復したそうだ。
バブル崩壊後の高値だそうで、25年10ヶ月ぶりだとか。

なるほどなるほど、またもバブルに向かおうって状態なのか?
ちなみに常に街中を見てるがまだバブリー感のある人が山盛りではない!笑

しかし、高級なフェラーリやとんでもないランボルギーニは頻繁に見かけるし、近くの高級ホテルの窓の灯りはやたらと灯ってるし、何が嬉しいのかイマイチ不明だが馬車に乗る新郎新婦も以前より増えてきている気がする。

どうやら、オイラの知らないうちに色々と動き始めてるのは間違いなさそうだ!
万年筆やインク含めステーショナリー全般が2〜3年前とは比べようのない勢いで売れているみたいで、オークションのホットぷりも半端なく高値更新のラッシュでマジか!?ってなる事が多い!笑
(昔を知らねばそんなの関係ねぇ〜〜〜が世の常!まさしくそれが「今でしょ!」)
と言う事でオイラに関係のあるこちらの世界は既にプチバブル!?笑

そんなプチバブルなオークションで久々にお好みのブツをGET。
1950年代のBurnham/バーナム」英国製。
IMG_2618
素敵なデザインの紙箱です!イイね〜〜〜!!
開けますと、
IMG_2619
ジャジャジャ、じゃ〜ん!!
ミニペンです。ペンシルとセット。
IMG_2649
サイズ感わかりにくいので、ペリカンのM300と並べるとこんな感じ!
IMG_2646
バーナムの評価は一般的には英国製のオノトやスワン、コンウェイに比べるとマイナーでペン自体のクオリティも見劣りするものが多いとか!?
IMG_2630
今回オイラのブツはニアミントでかなり状態の良い物でした。
クリップもピカピカ!!腐食なし!
IMG_2641
ペン先は小さいですね〜〜〜笑
IMG_2637
おまけにペンポイント切り割の位置は噂に聞く4:6割の様子。
ハートホールも少し歪な気が!笑
IMG_2621
ペンシルも相当美しい!!ウホ!!
IMG_2644
では何故そんなバーナムを!?

それは何より軸の色模様がオイラの心にブスリ!!
通称クラックドアイスと呼ばれる軸模様は。英国のみならず世界的に流行した柄模様のようで(色んな色があります)、最近は復刻でブームもあっていろんなメーカーから発売されている模様。(最近のはもちろんレジン製なので昔のとは少し表情が違います。)クラックドアイスで一番有名なのは今は無きコンウェイでしょうか??
IMG_2643
今回のはブラウンとグレーのクラックドアイス!渋いです!ビンテージらしい色合い!
IMG_2650
先日ある方から頂いた手帳と共に!良い感じです!
IMG_2651

ロマンだす!!

プチバブルな万年筆がまさかのクラックドアイス!!
バブルもアイスも、いずれ弾けて砕ける運命か!?アハ




涼しいですなぁ〜〜〜
明後日から7月なのに!?

しかし、ご心配無くと言わんばかりか!?
その7/1から一気に30℃超えるらしい!!汗

でも、そんな6月の最後は、まるで晩秋の如くの風が部屋に吹き抜け極楽である!!笑

仕事の方は夏物の手配もほぼ終わり、7月より秋冬物の準備が少しづつ始まる。
今年の夏は例年以上に暑くなりそうな気がするが、新しく仕立てたスーツが予想以上に快適でやたらと出番が多い!笑

スーツの胸ポケットにペンを刺した画像があるお店でアップされているが、洋服屋から言わせると本来胸ポケットに万年筆を差すのはあまりオススメでない。日常使いの廉価なものならまだしも、高級な万年筆を胸ポケットには少々これ見よがし感が強く嫌味にも映る可能性が大きいし、それこそいつ紛失してもおかしくない!

本来、高級な物をこれ見よがしにする事はオイラ的には「品」に欠けると思っている。

スーツもそうだが高級な良い物になればなるほど控えめな色柄で作るべしだし、万年筆やパイプや時計にしても良い物になればなるほどシックであるべし!

しかし、昨今それら含め全ての物に於いてだが、分かりやすさを求めがちで高級な物ほどド派手になる傾向が強い!!さらに、それらをこれ見よがしにする事は、
ド派手×これ見よがし
もう見ていられない〜〜〜!!笑

本来、眩く光り輝くようなお宝は簡単に見せるものでは無いだろう!
もちろん、むやみやたらと持ち歩くようなものでは無い!!

今日も金塊3キロがザギンで持ち去られたニュースがあった。何で金塊3キロも持ち歩く!?世の中ますますおかしくなっている!!笑

オイラがこよなく愛す小さな万年筆はその点便利だ。
しまっているときは目立たず、そしてしっかり役に立ち、ポケットから出すとそれなりに注目もある。という事で、いつ何時もポケットにこれが入ってる!笑

名前の如く肌身離さずのパスポート代わりになってきた!アハ
筆記具とは言え「遊び」が何たるかを熟知している国らしい一本である。
ロマンだ!!
スーツだろうが、デニムだろうが、半パンだろうが全然大丈夫!!笑
海パンだけはダメだけどね〜〜〜

何だか一気に夏の様相!今年一発目の入道雲的なヤツを見た!

暑さに弱いオイラは昨日の雨上がりの湿度に恐れをなして、本日散髪に!パナマを被るにはちと早い!なので、清涼感アップ!! 
前回の散髪からオールバックスタイルが気に入ってる。
(サイド&襟足周り刈り上げは涼しい!!)
柳屋グリースLOVE!! 笑

昨日のブログで一部アップした

geha(ゲーハ)

天気も良く、散髪してスッキリしたので、久々に色々撮影して見ました!笑
FullSizeRender 3
正式モデル名はgeha 736というらしい。以前に同じ万年筆の色違いを紹介しています。
http://bbink.blog.jp/archives/34182746.html
FullSizeRender
1960年代に登場したモデルで、当時のラインナップの中ではキャップがロールドゴールド(極薄金張り)で、まぁまぁの高級モデルであったと思われます。
FullSizeRender 4
以前持っていたセピア軸のgehaはある時いきなり首軸が折れてしまいました!!
モンブラン等にもあるらしいのですが、60年代のプラスチック樹脂!?は脆弱らしく、オイラのセピア軸同様にある時ご臨終すること多々あるらしいのです。
IMG_1714
物凄く気に入ってた書き味のペン先を備えてたので諦めきれずにいた時に、この時もたまたまオークションでボルドー軸の同タイプを入手出来たので、現在はペン先を交換して使用中!!
で、今回のブツは細字巾!!欲しかったのです!!コイツ!!
IMG_17182
ネットで見ると通常736のモデルは14kのペン先が付いていますが、今回のは18k!
いいね〜〜〜!!
(実はボルドー軸には14kの細字巾ニブが付いていたのですが、18kとは全くペン先の柔らかさというか紙当たりの良さが違うのです!!)
IMG_1720
gehaならではのインクリザーバー機構!最後にインクなくなったと思った時に、このオレンジの部分をグイと軸内に押し込む(2~3mm)と残り少ないインクをペン芯に誘導するシステム。

最近万年筆にハマり込んだ人達からよく聞かれる。

「鉄ペン先より金ペン先の方が書き味いいのですか??」

通常、鉄より、金、金なら14kより18kなんて言われますが、

そんな事はありません!!

少なくとも現在の万年筆の事で言うと、柔らかさと書き味の良さは比例しませんし、インクの種類やインクフロー、字巾によっても随分と変わります。また、長時間筆記するか、しないかでもかなり違います。基本的に柔らかいペン先を持つ万年筆で太軸になると、相当慣れない限り長文筆記は疲れます。また、同じように柔らかいペン先で字巾が細くなればなるほど慣れないと疲れます。理由は共にペン先のコントロールが上手く出来ないから。
FullSizeRender 6
今回のgehaはペン先の構造上、上下に良くしなります。
これが太軸であるとコントロールが大変です!
細軸のおかげでペン先のコントロールが塩梅よくいきます。
あれ!?今、気がついたのですがこのペン先にはハートホールがあるなぁ!!
以前のにはなかったぞ!よ〜く見れば形状も今回の方がコンドルのジョーぽい!!笑

gehaは鉄ペン先を備えた物も持っていますが、これは736より少し太軸で鉄ペンならではの剛性があるお陰で絶妙な書き味があり、こちらも長文筆記でも快適です!

現在の鉄ペン先は非常に良く出来ています。特に国産大手3社の鉄ペン先を有する安価な万年筆は相当良い書き味で、金ペン先を有する高級な万年筆より試筆での書き心地は良かったりします!笑

先日、英国ビンテージのオノトの大型ペン先(鉄ペン先)で試筆のチャンスがありました。
正直めちゃくちゃ良かったです!!絶品でした!!

筆記体もしくはブロック体のアルファベットを書く国の人達が求める書き心地の良さと、日本語の求める書き心地の良さは恐らく全く違います!日本語も縦書きか横書きかで違います!

オイラは基本横書きです。
最近ようやく万年筆に慣れてきて(使用5年目に突入。年間で便箋は400枚前後+ノート2〜3冊+手帳は書いてるな〜笑)ペン先の使い方と言うか、コントロールを上手く出来るようになってきた気がします。そうなってくると、余計に縦書き、横書きの筆記感の違いも顕著に感じますし、欧米の文字を書くことがどう言う事かもなんとなく分かります。

書き心地の良さと言うなら、先ずは書く事です!
使いまくっていれば色々と分かる様になる気がします。余程のアンバランスや不具合がなければ未調整で書いていくだけでもかなり色々と感じます。

文字をたくさん書かない人にとっては、最初の紙当たりが気になると思います。
そう言う楽しみ方もあっても良いとは思いますので調整大好き、柔らかペン先大好きもよろしいかと思います。

万年筆のペン先は育つもんです。

ちなみに今回のgehaのペン先は良く使い込まれていて、筆記角度がオイラとニアなので極上の書き味です!!18kで上下に程度にしなり、コテ気味の細字巾!!分かる人には分かる極上の書き心地!!笑

あ〜〜〜ロマンだ!!アハ



 

久々に1本!

最近、激アツバトルのせいか、多くのブツが最初から強気の設定であります。

でも、アレ!?って価格のスタートで、 最後まで誰も入札してこない!!

WA〜〜〜O!!

イイね〜〜〜オークション!! 
オイラ大好物のGeha
 
この軸色は初!!ビンビンのええニブしとります!!
学生用!?入門用!?なめたらあかんぜよ!!笑

ロマンだ!!アハ
やはり、諦めたら負けだな!!笑 

昨日入手した1本は最初に試筆で書き味を確かめていたので、他の所に行って書き味変わったのかな〜って思っていたら、その人は入手したものの結局使用しなかったそう!と言う事は・・・

あの試筆時の書き味がそのまま!!ウヒ!! 

ニマニマしながら本日インクを吸引!
そして、書いてみると・・・

ワァ〜〜〜オ!たまんない!!笑

少し前からDUOFOLDの書き味にハマり気味で、その中でもこいつは一番のお気に入りになりそう!!(調べたら、このモザイクの黒のセンテニアルは、なんと国内たった80本の販売だったらしい!!インターナショナルは300本!)

決して柔らかなニブではないのだが、少しだけシャリみがあり、若干のスタブ!
センテニアルの大きな軸で書くのには安定感があって非常にイイ!!
インクはこれまた最近妙にどハマりの黒をチョイス!!

そう言えば、オイラのブログで常に人気なのがThe Blacksという3年前の記事。意外や意外でオイラ自身もビックリなのだが、万年筆ならではのブルーブラックの記事よりもいつもアクセスが多い!! 

やはりインクの定番色だけあって気になる人多いって事だろうなぁ〜〜〜!
で、今回はそんな数ある黒インク(あの当時より増えてるのだ!笑)の中からやはりこの軸には純粋にPARKER QUINK/BLACKをチョイス!!

はぁぁぁ〜〜〜ロマンだ!!笑

乾きも早く奥深くに青が隠れた秘密の黒!
たまんないなぁ〜〜〜黒って!!アハ



 

↑このページのトップヘ