約1ヶ月ぶりに戻って来た。
5年振りのオーバーホール。

お気に入りの腕時計の事である。

今時のデジタル時計には無縁であるオーバーホールは機械式時計には必須!!
(オーバーホールは分解整備を意味します。)

機械式時計は通常3〜4年に一度の頻度で出すのが望ましい。
なので、今回は少しばかり出すのが遅くなってしまった!!
(ちなみにクオーツもアナログ式は7〜8年に1度出すのが望ましいそうだ。)

結果的には大きなトラブルはなくパッキンのみ交換で済んだ。
ホッ・・・
オーバーホールは割と費用がかかります。

国産だと1〜2万。オメガやロレックスなどの海外ブランドは2〜5万ほどかかる!!
部品交換等が必要であったりすると更に費用が嵩みます。

もしも、海外物を3〜4個持ってたりすると3〜4年毎に6〜20万もかかる可能性が!?
ヒィ〜〜〜

なので、時計をコレクションするとメンテナンスにかかる費用もどんどん膨れ上がります!!故に時計コレクションは余程余裕がないと・・・

オーバーホールの終わった後の時計は、人間で言う温泉リゾート上がりの様なもの!?笑
英気も養われ、身も心もピカピカで何とも気分良さそう!!

たまに、ビンテージの時計を見ると、
「あぁ〜いいなぁ〜〜〜素敵だ!!」
と思いますが、滅多に時計を着けないオイラはその思いを幾度となく踏みとどめています。
どハマりが万年筆で良かった!?笑

でもね、機械式腕時計に耳を近づけ聞こえるあの独特の小さな音色は、

ロマンなんだなぁ〜〜〜!!
一応、来月には誕生日がある!どうしようかなぁ〜〜〜アハ