寒いのぉ〜〜〜

春近しって思ったのは束の間。
「暑さ寒さも彼岸まで」
「三寒四温」
とは良く言ったものだと、改めて先人の教えに驚くばかりである。

足元のストーブはまだまだフル稼働中で、一度座るとなかなか動きたくない!笑
(時折動かないと家や仕事場でもエコノミー症候群にかかるらしい!怖)

で、そんな今日も曇り空を見ながらそろそろやるか〜と思いたち、昨年購入のシステム手帳の使用準備を始めた!今回は基本外に持ち出して使う事は考えておらず、仕事、プライベート等々の各種情報を管理する秘密ノートになる予定。

ここに至るまでシステム手帳を何用にするかをひたすら考えていた。
そこで最終的に思いついたのが単純に秘密ノート!!

今までかなり色々な情報を入手してきているが、取り急ぎ何かに書き残しては来なかった。
そのジャンルはかなり多岐に渡る!!笑 どれも大した内容では無いだろうが、もしかしたら後世になって見つかれば少しは役立つ!?

人間歳を重ねると恐ろしい妄想が芽生えるものだ!!笑 

てな事で、早速購入時から手帳に付属のリフィールに試し書きを始めた。
すると、

うぎゃ〜〜〜思い切り裏抜けする
( ̄▽ ̄;)!!ガーン


付属するオフィシャルの罫線入りリフィルの裏側は滲み滲みに!!

そんなバカな!?

万年筆の本場である英国製のファイロファックスだぞ!?
あってはならぬのではないか!?
それとも何か??もはや時代はボールペンだろうと言うのか?

いやぁぁぁ〜〜〜嘘だと言ってくれノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!! 

しかし、現実は厳しい!笑
リフィルには2013とのプリントがあるところを見ると、恐らく2013年には少なからず万年筆の使用は考えられてはいないのだ!!付属のリフィルを全部書いてみた。無罫はかろうじて裏抜けしない。アドレス、そして方眼は一応大丈夫。しかし、ToDoやメインの横罫は見事に裏抜けし、インクも滲む!!

どちらにしても、これでは大事な秘密ノートが完成しないのは間違いない。
寒風吹きすさぶ中、いそいそと駅前の文具屋に行くことに決定!

出かける前にあの本を再度見直し、リフィールの万年筆との相性を確認してどのメーカーにするかあらかた狙いを絞って出掛けた。

売り場で色々見ると、細部が微妙にそれぞれ違い、紙の色も微妙に違う!それも同じメーカー品でもどうやら種類によって紙質を変えてるせいかで、白でも色味が違ったりする。これには悩んだ!!全くの予想外!!しかし、この悩むのが楽しい時間でもあるのでたっぷり堪能。 

オイラもかなりマニアぽくなって来たかも!笑

で、決まった品を持ってレジに!!
最後に一応店員さんに確認したが、その商品が裏抜けするか全く分からず!
ついにはメーカーに問い合わせ!しかし、結果はそこでも分からないと!!

おぉ〜そんなもんなのか!?
(゚ロ゚;)エェッ!?


昨今のブームがあっていくつかのムック本が出ているので、自社のリフィールが万年筆で書いた時に裏抜けするかどうかの答えぐらいは持っているかと思っていた!!でも、

ないのね〜〜〜(T_T)

で、店員さんに「もしも、1枚書いて裏抜けしたら返品可能??」って聞いたら、
「はい!もちろん!」と快く返事を頂いた!いいね〜〜〜!! 

帰って、早速書いてみた!!

完璧!!

う〜ん、さすがの日本メーカーか!? 返品必要なし!!
どのタイプも全く裏抜けなし!!(ただし、紙厚は特別厚くないので同じ所を何度もガシガシ筆圧かけて行くとさすがに抜けますよ〜〜〜!笑)

おぉ〜〜〜ロマンだ!!

よ〜〜〜し!今日から秘密ノート制作開始だ!!アハ

 メガネはガシガシ行ったので裏抜けしました!笑

アップ時点で2003とありましたが2013の間違い!!訂正しました!!