日曜夜9:00から始まるTBSのTVドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」
ogp
昨年話題になったドラマ「半沢直樹」と同じ原作者(直木賞作家の池井戸 潤)、同じ製作チームで作られるサラリーマンドラマ。前作は銀行、今回は中小企業が舞台。

役者陣も豪勢な顔ぶれで、主役の唐沢寿明を筆頭に江口洋介、山崎努、檀れい、石丸幹二、等錚錚たる面子である。

昨年の「半沢直樹」は久々の高視聴率を叩き出し、「倍返しだ!」のセリフが流行し、サラリーマンの間に半沢直樹よろしくベストを伴ったスリーピースが大人気となり、一時急なベストの注文が加熱し生産ラインがパンクした程であった!!

今回は中小企業が舞台でそこに社会人野球が絡まって来る。
ルーズヴェルト・ゲームとは大の野球好きで知られるアメリカ第32代大統領フランクリン・ルーズヴェルトが一番おもしろいゲームスコアは、8対7だ!と言う手紙に書かれたコメントからで、逆転に次ぐ逆転、七転び八起きゲームの事でそのスコアのゲームの事を「ルーズヴェルト・ゲーム」と呼ぶそうです。

今回のドラマは熾烈な企業競争の中で描かれる人間模様を社会人野球と言うフィルターを通して企業、人の存在価値を問うと言った内容だそうです。キャッチコピーは「逆転だよ逆転!」

昨年は「半沢直樹」のお陰もあってか?クラッシックなブリティッシュスーツが脚光を浴び、そのせいかジャケットのポケットに万年筆を忍ばせるスタイルも随分と雑誌等で提案され、今まで100円ボールペンをさしていたのが、高級なモンブランやパーカーのペンに代わった人も多かったそうです。

今回のドラマの主役陣のスーツを見ると、前回同様スリーピース等の着用が見受けられます。
しかし、設定が中小企業?と言う事で何となくお堅さが抜け、色味も少し華やかに感じます。

こうなると、万年筆の出番は無さそうな・・・
いや、年商500億の企業だよ!!その社長や会長や役員ですよ!!
(年商500億って中小企業なの??)

もしかしたらヤンジー絡みで少し華やかさが目立つイタリアのデルタやアウロラ!
もしくは最近ステーショナリーに力を入れ出したルイ・ヴィトン辺り??
いやいや、アメリカの大統領の名前を関している位だからパーカーやシェーファー!?
(秘書役の壇れいさん辺りが使わないかな?それとも山崎努氏あたりが渋めに!!)

こんな事でも万年筆が出て来ないかと妄想する辺りは・・・俺だけか!笑
でも、これもロマン!!
ちょっと楽しみです!!

実はこのドラマに従兄弟が出演しています。
名前は小橋正佳(こばしただよし)って言います。ドラマでの役名は「鷺宮(さぎのみや)」
主演の唐沢寿明が社長を努める青島製作所の野球部員レフトで4番バッターと言った役。

実は彼は元ヤクルトスワローズのピッチャーでして(故障で1軍登録無かったのが残念!)当時?のピッチャーとしてはかなり大きく(2m近く!)長身から振り下ろされる球はもう恐ろしいの一言でこれが切っ掛けでドラフト指名入団の過去があります。現在は殺陣やなんやで格闘技もマスターしていて、見た目は昔以上に強そう!でも、俺が年は上なんで、上から見下ろされる形でアニキ〜と!!
ヒィ〜
(でも根は優しくイイ奴なんです。但し、めっちゃ食うので軽く飯を奢れません!!笑)

今回もその経歴が役立ちレギュラーを頂けたが、何とレフトで4番バッターこれには彼も面食らったそうで、現在も続く撮影で久々の野球(ドラマレベルですが)を楽しみながら頑張っているそうです。是非、皆さんも私事で恐縮ですが少し気にして見て頂けたら幸いです。