久し振りのあんたにゃ、こいつがお似合いだ!いきます!

4月1日、2日と真新しいスーツに身を包んだ新社会人を大勢見た。
皆、期待と不安の入り交じった緊張の面持ち。

そう!社会は厳しい!会社も厳しい!!

そんな厳しい現実を物ともせず、ひたすら明るい未来を目指すリーマンの鏡!
日本を代表する、いつまでも年月の流れを感じさせないリーマンのあんたと言えば・・・


フグ田マスオ
IMG_3475
wikiで調べてみると出身は大阪・住吉で最終学歴は早稲田大学商学部卒である。
そして、驚く事に原作では誕生日は1917年(大正6年)!!
おまけにアニメでは28歳設定!?(どう見ても20代には見えないが・・・)
となると、なんとあの明るいサザエさんの話は1945年当時の話・・・

そんなバカな・・・!?

1945年って・・・終戦の年じゃん!
気軽に釣り堀行ったり、屋台で波平と1杯出来ないって〜!
と言う事で、時代&年齢設定は置いておくことに。笑

そんなマスオさんだが、
名字を見ればわかるのだが実は婿養子ではなく磯野家に同居しているだけである!
(多くの人がマスオ=婿養子の肩身狭い的なイメージを!!)
更には、有楽町にある海山商事営業課の若手係長である!

となると、自分のお気に入り万年筆の1本や2本持っていてもおかしくはない?
サザエの親と同居で子供はタラちゃん一人!(まさかの余裕か!?)

そんな彼にお似合いの万年筆は!ズバリ!
1_capless
パイロットの名作キャップレス!

手先が不器用にも関わらず機械好きで、更には読書家で小説家を目指した事もある彼には好みの万年筆ではなかろうか?またサザエに値段を言ってもどやされる程では無い!?

ニブは劇中の性格を見る限り細い字幅が似合いそうも無いのでM〜Bが良いのでは!
(手帳用には海山商事支給の安ボールペンを使っていそう。なので基本家用。)
インクはパイロットのブルーがお似合いか!?

カツオやワカメ、タラちゃんの前でノック式の機構を自慢げに見せながら、
「君たちが大きくなったら、僕がプレゼントしてあげるよ!」
なんて言ってるのでは・・・

そういえば、アメリカではネオンカラー×ブラックのバニシングポイントが出るらしい・・・
「俺にもプレゼントおくれ!!」
残念ながら、あの春から25年?いまだ社会の厳しさが全然わかっていない・・・アハハ