昨日驚くべきニュースを見つけた。
そのニュースは日経新聞の電子版にあった。

万年筆について20〜60代男女1000人にネットでアンケート調査を行った様だ。

「万年筆を現在使っている」は9%(90人)の少数だが、
「今後使いたい」の数字は驚くべき事に何と40%に上り、
更には20代になるとなんと!男女とも50%を越えると言う。

スゲ〜〜〜〜!!

20代にとっての万年筆のイメージは、
1位が「贅沢品」56%、2位が「新鮮でカッコ良い」33% とあり、「古くさい」16%、「面倒臭い」18%のマイナスイメージをを大きく上回る結果が出たらしい。

どおりでレターセットが増えるはずだ!!笑

また、インクに関しても全体の35%が「万年筆でいろいろなインクを使ってみたい」との結果が出てるらしい! !(ズブズブインク沼にハマる可能性がある人が350人も!!笑)

ドヒャ〜〜〜!!笑

昨今の万年筆の売上上昇理由の一つに万年筆インク人気がやはり相当影響しているらしく、パイロットの「色彩雫(いろしずく)」などは生産が「瓶の生産能力ギリギリ」が続いてるらしい!!

「買ったインクを入れたいから万年筆が欲しい」があるとも書いてあった。

これは、凄い事である!!まさかのまさかである!!
よもやの万年筆大ブームが訪れるのかも知れない!!
いや、既に始まっていると思って良いのかもだ!!

そうなると、先輩である大人の責任は重大だ!!
若者から憧れられる様な万年筆使いになっていないと折角のブームに水を差しかねない!!

不潔、クサい、キモい、ダサい、ウザい、不誠実、自分勝手、常識外れ、etc.

くれぐれも注意が必要である!!笑
人に気持ち悪がられたり、煙たがられたりするようでは万年筆に未来は無い!アハ

その記事の最後に書かれていた一文が万年筆の魅力を物語っている。

万年筆を現在使っている」と答えた人の中に「今後、万年筆を使いたいと思わない」と答えた人は、

1人(この人何があったのだろう・・・)

さて、6月もいよいよ終わり!
夏のFPLL会員大募集もまたやりますか!(少しシステムを変更するかも!?)

あ〜やはり万年筆はロマンだ!!