万年筆な日々

万年筆にハマったファッションデザイナーの記録。

FPLL(FOUNTAIN PEN LOVE LETTER)
にご興味、ご参加希望の方は過去ブログをご一読下さい。
こちらをクリック→http://bbink.blog.jp/archives/54046449.html

2016年06月

早いもので6月も残すところ2日。
2016年も半分が過ぎ去ろうとしている!!
振り返るといつも本当かよ??って思うほど色々な事がつい先日のように感じる!

しかし、今年は昨年に比べて大きく変化した事が色々ある。

先ずは万年筆の入手だ!

昨年までのペースに比べるとおよそ半分?いやそれ以下のペースだ!

その代わりと言ってはおかしいが、いわゆるボールペンが一気に増えた!!笑
(多分万年筆とほぼ同数に近い勢い!!)

まぁ、どちらも実用しているのでオイラ的にはそれでも全然構わないのだが、少し前には考えられない状況であるのは間違いない!笑

基本的にブログのタイトルが「万年筆な日々」であるだけにボールペンの紹介が増えることには違和感を感じるので敢えて紹介を避けているのだが、実際使っているとなんとも魅力的なブツがあるのも事実!笑

また、昔はボールペンのインクでブルーを使うことなど一切なかったのだが、それも万年筆でブルーの文字に慣れたせいか今やブルーのインクも何ら違和感なく使っている。って言うかブルーの方が好きになりかけている!!笑

あ〜もっと早くからこの魅力を知っていれば、万年筆に出会うのも早かったのでは??

なんて妄想さえ抱くようになる始末である!!笑

まぁ、いずれにせよ今年前半も良く書いた!!これだけは間違いない!!笑 
FPLLの人数も増えて、交わした手紙の数はもはやミカン箱1ケースが満タンになるほど!笑
(当然、それとほぼ同じだけの数を書いている事になる。)
他にも手帳や日記めいた物、仕事の書類などを含めると紙の数は膨大だ。

昨今の自然保護でペーパーレスが謳われる時代の中、申し訳ないが山盛り使っている!
(でも一切無駄にはしてないと自負するが・・・)

しか〜し!まだまだ、書き足りない!!

ここ最近また色々本を読むうちにまだまだ勉強が足りないのを痛感する!
昔は勉強の事を「読み書き」と言ったが、正に読んで書かない事には頭に入らない!!笑
キーボードをいくら叩いても漢字の一つさえ頭になかなか入らないもんである。

さぁ、後半はもっともっと勉強に励まねば!!

もちろん時折休憩で書くことも大事なのでそれも欠かさず!!
IMG_0759
後半もロマンは続く!!アハ

昨日はザギンにGO!! 

あれ??随分久しぶりかも〜〜〜!!
新入荷の館詣が1回お休みだったので随分久しぶりになった気がする。

まぁ、久しぶりに行くと商品の入れ替わりも色々あって発見も多し!
しかし、随分とどれも高くなりましたね〜〜〜
最近の為替状況を考えるとやむを得ず&久々の万年筆ブームも影響してると思われます。
(今回の英国離脱で為替の変動が大きくなっているのでこれが今後どうなるか??)

で、店内で色々試筆してビンテージ鉄ペン先のポテンシャルを改めて感じながら、どうしようかな〜〜〜って悩んで息抜きにショーケースを覗くと

オヤ??

なんだか気になる1本が!取りだしてもらって握った瞬間に!

ハイ、ビンゴ!!

その後試し書きして再確認。

間違い無い!!笑

あ〜ロマンはそうやって思わぬ所から訪れるものなのです。
その後、S兄いといつもの喫茶で萬談! 
この喫茶は非常に萬談に向いていると勝手に思ってるのですが、今回もストロングコーヒーを味わいながら色々と話して、試筆、そしてお願いしていた最近入手のペン先の調整をS兄いにお願い!
赤い彗星か!?笑
ええ赤なんどす!笑
正体は初のオノト!でも、オーストラリア製!アハ
で、さすがS兄い!!一発で治りやした!!笑 

S兄いは修理や調整のプロじゃあ無いですが、万年筆で書くことも好きで、万年筆を愛する気持ちも人一倍のS兄いに治してもらうのはプロに依頼するのと同等の価値がオイラにはありやす!!笑

タンキュウ〜S兄い!!笑

その後はこれまたいつもの店で美味しいビールを飲みながら、世界情勢ネタなんぞもを織り交ぜ、趣味たるや、1歩いや、半歩先行く大人の遊びの話なんぞを楽しんで2件目に!笑

気温もほどほどの夕方で気分が良いのでテンションも良い感じに上がります!!

前々から行きたいバーでしたが、残念ながらマスターはこの日出張でおらず、若いスタッフばかりでしたが教育が行き届いているんですね〜〜〜胸に刺すボールペンもプラスチック製は一人もいません!
これだけで、なんか気分が良い!!笑
嫌味なく、会話も上手で、サービスも非常にスマート!週末で早い時間のせいもあってか割と若いお客さんが多いのには驚きました。
隣のカップルの若い女子が
「お酒あまり飲めないんですけど、〇〇な感じのを何かお願い出来ますか?」
おいおいお酒飲めないのにBARのカウンターでリクエストって・・・多分どこか雑誌かネットでそのような話を聞いたんだろうなぁ〜〜〜しかし、若い女性店員さんは嫌なかを一つせず受け答えしているのにはイイね〜〜〜って思いました。オヤジやジジイもうんちく撒き散らすばかりでなくこれぐらいの余裕を見せて欲しいもんだなぁ〜!!笑

いやぁ〜若い、オヤジの区別なく良いサービスの気持ち良い店でした。
でも、ザギンもこうやって少しづつ変わって行くのでしょうね〜最近本で読む昔のザギンとは全く違う様相です。それでも、大人がこうやって1日楽しめる場所には変わりなし。そういう意味では何時まで経ってもザギンはザギンですね!!

ロマンだ〜〜〜!!笑


 

毎日誰かしらに手紙を書いていると、本当にEメールは事務的なものだなぁと改めて感じる。

キーボードを叩くのと文字を綴るのでは同じ内容を記しても明らかに何かが違う。 
万年筆の書き心地はそれを特に感じさせてくれる。 気持ちの乗り様が全く違うのである! 

例えどれだけ面白い内容をEメールで送っても、恐らく万年筆の手紙(Eメールと同じ内容)と比べると雲泥の差がある気がする!笑 

自分も含めてだが、何人かのFPLLに書いてあった。
毎日ポストのフタを開けるのが楽しみ!! 笑

今日は入ってるかなぁ〜!?

最近では相方までがポストに手紙が入ってると「良かったね〜!」と!!笑

そう、手紙やハガキはそれ自体が届くこと自体から楽しみが始まる!

封筒の裏を見るまではっきりと誰からなのか分からないミステリアス! !

ペーパーナイフで封を切ってゆっくり便箋を引き出す!それはまるで食べ物や飲み物を口に入れる瞬間に似ている! その後、万年筆ならではの味わい深い一文字一文字をじっくり読むのは、口に入れた食べ物や飲み物を目を瞑りゆっくり味わうあの感覚か!?笑 

さらには目に優しく美しい紙とインクのマリアージュ!!
そして、官能的なインクや紙の匂いが鼻腔を擽る!(時には香を忍ばせたりする強者も!笑)

さらにさらに、便箋の手触りが指先から脳をダイレクトに刺激!!

とどめは最後に読み終わった時の、あの切なさと満足感!!自然と溜息も漏れる!笑


たまりません!!アハ

しかし、そんな感動もしばらくすると思い出に変わりボンヤリとなり、また次が欲しくなる!

ないなぁ〜Eメールにこの感覚は!!笑

FPLL気になる人はまだまだウェルカムです!!どうぞ、どうぞ!!笑
詳しくはこちらhttp://bbink.blog.jp/archives/54046449.html

今日も誰かにFPLLを認めるとしよう!

外は雨上がりの夜空だ! 

今宵はロマン&ロックで行こう!
 

最近良く思うのだが、憧れる事が自分が想像する未来に随分少なくなった! 
それは自分が歳を取った証かも知れない。変な所で諦めてしまってるのかも!?

大概の人は憧れと現実のギャップを理解しつつも、
寂しく無い方、らくちんな方、便利な方へ流れる。

自分はそうではない!

なんて、大口叩いてる人に限って案外そうである。笑

で、あからさまにそんな人に憧れる人は少ないだろう。理由は簡単ロマンに欠けるからだ!
一方、例えそうであってもやせ我慢してそう見せない人がいる。

オイラは基本そんなに強い人間では無いし、頭脳明晰でもない、おぼっちゃまでも無い!笑
でも、やせ我慢もカッコ付けるのも嫌いじゃないし、どちらかと言えば好きな方である!笑
失敗の数は数えきれない!!笑

でも、オイラが憧れるのは昔からそんな馬鹿だけど、やせ我慢が出来るカッコ付けだ!笑

この歳になっても実は怖い事は山盛りある!笑
いつまでも怒る時に怒って、悲しい時に泣けて、怖い時に身震いする人でありたい。

筋を通すには勇気が人一倍いる!

それが建前かそうでないかは、何度も修羅場を通った人から見れば一目瞭然だ!
見透かされる怖さを味わえば、やせ我慢とカッコ付けるのが如何に大変かが良く分かる。

それでも、自分が憧れるのが「馬鹿だけど、やせ我慢が出来るカッコ付け」であればそれに向かって進むしか無い!笑

自分勝手なだけで相手に対する思いやりが無いのが良いとは思わない。だけど、時には自分勝手であろうが憧れに向かってやり通す男気があってこそと思う事しばし!

最近になって気になる先輩がようやく見つかる事が多い。
オイラの思う人は今の人的には大概メチャクチャである。笑

誰かの唄であったように「ナンバーワンでなくともオンリーワンであれば良い!」 

今日もそんな一人と思しき人の本を読みながら、

お供にはオレンジチョコとボウモアで! 

ロマンに耽る。
そうか〜モルトをシェイク!?
馬鹿だな〜〜〜笑 でも、やってみようかな。笑




 

↑このページのトップヘ