万年筆な日々

万年筆にハマったファッションデザイナーの記録。

FPLL(FOUNTAIN PEN LOVE LETTER)
にご興味、ご参加希望の方は過去ブログをご一読下さい。
こちらをクリック→http://bbink.blog.jp/archives/54046449.html

2014年06月

関東も梅雨入しましたな〜

昨日のテキサス万年筆は紙様からのありがたいコメントで何と!
昭和20年代!!1945〜!!(紙様からの訂正情報で!笑)
昭和30年頃(1955)の国産万年筆だと!!
と言う事は憧れの対象は勝野洋でなく、
名優 ジョン・ウェイン(左)
20080530085654
日本は第1次西部劇ブームの到来である!!
(写真は1951年公開『紅い河』の1シーンまさにテキサスが舞台!これか〜!?)

ちなみに第2次はブームは1960年代!TVで子供の頃見た西部劇はこっち!!
この第2次ブームのイタリア製西部劇は日本ではマカロニウェスタンと呼ばれているが、
正式にはスパゲッティウェスタンだそうだ!(スパゲッティ??パスタじゃなくて??)笑
マカロニ
ショーケンも「スパゲッティ」では様にならなかっただろうな〜笑

そんなこんなで、あとはインク吸入が出来る様になるのかどうか!!
水道橋まで待つしか無い!!アハ!!

話は戻って今日も一日雨!雨!雨!
お日様は暫く拝めないらしい・・・
でも、汗だらだらよりいいか!!愛犬の散歩は大変だけど・・・

そんな雨が降りが続くと気持ち良い青空が見たくなる!
そこで、久し振りの新インク紹介!!
IMG_4379
SAILOR ジェントルインク〜四季彩〜 蒼天
発売直後は四季彩シリーズあちこち品切れしてましたが、ようやく在庫も落ち着いた模様で
ネットも店頭もほぼ全色並ぶ様になって来ました。今回の四季彩シリーズはこれで3本目!
土用(濃セピア)、時雨(グレー味ある青紫)、蒼天(爽やか青)、あと1色位買うかも〜笑

早速書いてみました。久々登場!スッキリバージョン!
IMG_4378
中々良い色です!!う〜ん嫌いじゃないな〜この感じ!!青騎士に更に青を足した感じ!!
濃淡も結構良い感じに出て、これからの季節にピッタリ!気分良しです!!
手紙でも書きたくなるな〜〜〜
今回の四季彩シリーズはどれも乾くと少し落ち着き、名前の通り和を感じさせる色に。
なかなか良いですな〜人気のインクの再販だけあってどれも納得の色!
IMG_4374
お気に入りのシェーファーバランスに入れてみました!
元々のシェーファーのインクフロー渋くて度々掠れていたのですが、
どうやらこのインクとは相性が良いようで一気に書き心地がアップ!!
これで外は雨でも心はロマン!!
雨と言えばこれ!!

ジーン・ケリー!!最高です!!(でも、良い子はマネしちゃ駄目ですよ〜!)
で、彼はもちろんロマン代表です!! 

昨日は何度やっても納得の1枚が撮れなかった!
そいつは何故かいつもより手強い相手だった!!
しか〜し!!
遂に捉えた!
そいつの正体は・・・これだ!
IMG_4320
この得体の知れない万年筆は何だ??
IMG_4331
しかし、佇まいは悪くない!!
ペン先を見ると・・・
IMG_4328
悪く無さそうだ!何やら刻印が・・・IMG_4340
JISマークに6997の文字。そして、S.P・・・スペシャル?何の事かさっぱりだ??
その下に更に何かが・・・
そして、軸には・・・
IMG_4342
TEXAS
おいらの101本目のプロポーズに答えてくれたのは
日の丸の下のテキサス!
日の丸のテキサスと言えば・・・
テキサス
勝野洋!!
テキサ〜ス!!懐かしい!!と言う事は70年代の勝野洋イメージの国産万年筆か?笑
しかし、見た感じのデザインはアールデコ調なのにテキサス!う〜んどんなセンスだ!?
それとも、まさかの勝野洋さんのペン??ネーム??謎だ!!
IMG_4362
キャップの口はナナメにカットされ、軸もそれに合わせて軸側も斜めの段差が!
軸の実はキャップのクリップの案内ポイント!
このに向ってクリップを真っすぐに合わせキャップを押し込むと・・・カチッ!
IMG_4356
ピタッとくる〜〜〜!!
何か気分イイ〜〜〜!!

更にこいつよく見てもらうと分かるのですが、裏側から見ると!
IMG_4363
軸の側面から裏側は真黒!!上面だけがグレーのツートン配色!!イイネ〜
まるでイルカ!?くじら?笑
そして、とどめのロマンがこれ!
IMG_4358
何?この吸入機構??
赤い回転キャップ部分をよく見ると・・・
IMG_4361
1←→2の文字がそしてこの赤いキャップはその間しか動かない。回転距離は僅か5mm程!
(動かすと中でカチャと何やら金属音が・・・)
ちなみに押しも引きも無さそう!!
なにこれ〜〜〜??
どうやってインク吸入するの〜〜〜??

前の持ち主もインクを吸入した事は無く使った事が無いそうで全く分からない!!
キャップの内側も全く汚れていない!ペン先もインクを付けた形跡が見当たらない!
と言う事はデッドストックか??
果たしてこれはインクを吸うのか??それとも壊れてんのか??
誰か〜〜〜ヘルプミ〜〜〜!!笑

しかしこの謎多きテキサスペン!気に入った!!
こいつは紛れも無くロマンだ!! 

今回は撮影に自作の秘密の撮影用極小ペンレストを使用したのでいつもより写真に立体感と奥行きが増し、撮影自体が物凄くスムーズに進む様になった!アハ
撮影用ペンレストを何で作ったかって?それは口が裂けても言えね〜〜〜!!笑

黒とグレーの軸に加えて金属キャップは撮影難しかった!!ペンレスト無しで直置きすると黒のマットと軸が同化しグレーがボケて何とも締まらない写真になり手こずったのだ!!またペンレストの高さがありすぎると周りがボケすぎてこれまた締まりのない写真に!!
実に2日間も手こずった!!今回も良い勉強になった!!ウヒ

ちなみに今回の写真は全てiPhoneの手撮り!!
オプションレンズ等は無し!!
照明無し、天然光のみ!!
加工はトリミングのみ!!
ロマンはこれで充分だ〜〜〜!! 笑

どうも写真が上手く決まらない!!

やるだけやってみたがイマイチ納得いかず!

よしっ!再チャレンジだ〜!!
今度こそロマンだ〜!!


 

とうとう来た!!
100本目! !

さぁ!記念すべき100本目を飾るのは・・・IMG_4213
渋めのネイビーの革張りボックス。
パカッ!
IMG_4216
ジャ〜ン!お初!
TIBALDI チヴァルディ

IMG_4217
おぉ〜いいんじゃねえ〜!?箱から出すと・・・
IMG_4221
何やらリーフレットが!名前は「モッデーロ セッサンタ」(Modello 60)
色名はavorio blue(象牙色の青)
IMG_4219
おぉ〜イラストと同じ!当たり前か!?笑
じっくり見ると、
IMG_4195
いいね〜30年代ビンテージセルロイド使用で手にしっとりくる〜〜〜!
IMG_4197

光の当たり具合で軸色が何とも言えない美しさ!!ブラ〜ヴォ〜!!
IMG_4200
 天冠もビンテージセルロイドいいね〜!!
IMG_4207
尻軸もビンテージセルロイドでピストンフィラー。
回しても隙間が開かないタイプ。ピストンはスムーズ。
IMG_4206
軸にはチヴァルディロゴとペンの名前。渋い!!
ペン先は・・・
RIMG0102
おぉ〜渋いね〜18K〈EF〉エキストラって書いてある?何?何がエキストラ??
シンプルで堂々としていて好みである!
このペン割とデカイです!イタ萬の中では大きい方かな〜??
IMG_4208
キャップを差すとペリカンM800とほぼ同サイズ!!
重さはチヴァルディの方が若干重いかも、でもバランスは悪くなさそう!

このチヴァルディは元はイタリア最古のメーカーで、90年代に復興したらしく師匠のブログにも一度違うモデルが登場していて
http://pelikan.livedoor.biz/search?q=TIBALDI 
(こちらはバキューマチックに似た吸入機構のモデルらしい。)ペン先、ペン芯は師匠の持っているのと同じと思われる。ちなみにこのペンは1995と製造年と思しき刻印が軸に刻まれている。師匠の物より2年程前のモデルらしい。

しかし、このペン届いた時にキャップと首軸にインクがかなり付いていた。
そこで、先ずは洗浄と思い作業開始。出るは出るはロイヤルブルーのインクがドバドバと!
(ロイヤルブルーで良かった〜!!)
恐らく前の持ち主が長い間インク入れて放ったらかしになっていたと思われる。

今晩は風呂で長年の垢をゆっくり落としてもらおうと思う!

珍しいペンで100本目を飾れたのは良かった!! 
さぁ、また新しいロマンの幕開けだ!! 
実はどれが100本目になるかは微妙だった!!
99、100、101が何時届くがで順番が変わる所だった。
この3本実はどれもレア!!また順次紹介致します。お楽しみに!

先月は少し停滞気味だった万年筆収集だったが、今月はこの暑さで脳みそがとろけたせいか!?それとも脳みそが沸騰し出したのか!?俄然勢いが戻りつつある!笑 

そして、一昨日100本の大台にリーチが掛かった。
(その記念すべき100本目も今日の午前中には到着予定!!ウヒ!)

中身はまだまだ満足出来るラインナップでは無いが、自分なりの拘りで集まった100本はそれなりに見応えある。
IMG_4165

しかし!まだまだ先は長い!
メーカーや品番には拘らず自分が使いたい書きたいと思う1本を集めてる。それらの多くは実用で観賞用になる物はほとんど無い。ビンテージだろうが何だろうが集めて行く基準に「使う事」をイメージしているのでインクを吸入し自分の手垢にまみれて初めてコレクションの仲間入りなのである!(中に何本かインク吸入をためらわせてしまう物もある。それは近日中に改めて紹介したいと思う。ウヒ)

周りから見ると何に拘っているのか分からないので、むやみやたらに集めていると思われてるかも知れない。しかし、自分の収集の拘りは皆と何ら変わらない美意識であり好みである!笑
ただ、それがちょっと見えにくいだけ。
何故か??
多分それはもっともっと時間が必要で、本数が必要であると考えている。
目指すは何千本!?何万本!?
コレクションは自分を表すと言う!
ややこしい自分をコレクションで表現するには、もっと時間も本数も必要なのかも〜!!笑

夢の行き着く先は・・・
もちろんロマンです!!




 

↑このページのトップヘ