発売開始されたばかりの大和出版印刷のGRAPHILO(グラフィーロ)ノートを
ひょんな事から入手した。
IMG_5047
大和出版印刷はこのグラフィーロを、独特のタッチが気に入ってる万年筆専用紙と言っても良いリスシオワンの後継として企画されたそう!
詳しくは→http://kobeha.com/graphilo/をご覧下さい。

ここの大和出版印刷の社長さんが大の万年筆好きと言う事もあって万年筆の筆記特性に秀でた紙を! との想いで作られているらしい。

そこで早速、検証する事に!!
先ずは開封!
IMG_5048
帯には説明が!「ぬらぬら書く」がコンセプトか〜へぇ〜〜〜!!
明瞭な文字の輪郭と心地よいタッチ・・・ふむふむ楽しみ!!
IMG_5050
今回は4mm方眼 A5サイズで64ページ!
価格は税込864円!うぉ!高級!!リスシオワンより税込300円以上高い!
IMG_5049
グレーの表紙に銀の箔押しでロゴ入!高級感アピールか!
IMG_5051
表紙はグレーの厚紙。手触りは良い!
背は糸綴じで開きやすい!180度フラットに!!
では、中を見ると
IMG_5053
端まで方眼が印刷されてなく、4mm方眼が小ぢんまりとしていて何となく洒落てる。
IMG_5052
罫線色は薄いグレーで目にちらつきは無く何色のインクで書いても違和感無さそう。
では、書いてみました。
IMG_5054
筆記は先ず愛用の6本で。
上から
パイロット/デシモ/M
パイロット/カスタム74/B
パーカー/デュオフォールド/F
ペリカン/M101N/F
アウロラ/オプティマ/IT
裏ページは
パイロット/WAGNER 2014/M(写真撮り忘れ!)

書いてみて先ず最初に感じたのが

ぬらぬら??

ぬらぬらというより少しサラッとした筆記感。
どちらかというとLiscio-1の方がぬるっとした筆記感がある様・・・
IMG_5057
インクは書いた直後モリッと盛り上がり、その後スーッと紙に吸収され乾く。
IMG_5058
特別乾くのが遅いとも感じないが、Liscio-1と比べると乾きが遅い様に感じた。
その代わりインクの濃淡は凄く出る!!
IMG_5065
ただ気になる事も・・・インクの種類にもよりけりだがインク溜まりが多いので、
濃いくなった部分がかなり赤光りする!!
IMG_5066
これはセーラーのエピナール。角度によってはかなり光る!
IMG_5067
アウロラの黒。おぉ〜アウロラお前もビカビカか!!
IMG_5056
あと滲みも幾つか見受けられる。あれ??(上記はセーラー/エピナール。 )
今回の検証ではセーラー/エピナール、アウロラ/BK、Dr.ヤンセン/ジョゼッペ・ベルディに滲みが見られた! 
IMG_5055
IMG_5062
裏抜けに関しては全く今のところ問題無し。
ただし、上記の通り乾くのが少し遅い。
IMG_5059
なのでモンブラン・ミステリーブラックは表紙裏側に少し裏写りした。
あと、先程のインクが盛り上がって乾いた部分を手でなぞると、

う〜んこりゃ困るな〜〜〜!!手も紙も汚れる!!

Pen&Messageのブログの中での説明こちら→http://www.p-n-m.net/contents/narration.htmlには今回のこの紙はリスシオワンとは違う製紙会社で作られているそうですが、相当頑張って作ったみたいなのでそれだけに、厳し目にチェックだ!!

前回、リスシオワンのブログを書いた時に(こちら「14冊目」http://bbink.blog.jp/archives/7333346.html#comments
白星アニキは罫線の方は裏抜けしまくった!!とコメントをもらった。もしかしたら、今回のグラフィーロも無地と罫線有りでは特性に差が有るのかも??(ロットぶれの可能性も??)
(まぁ、手元に無地のグラフィーロが無いのでまた気が向いた時に購入して検証しようかな〜
それにしては高いな〜〜〜!! )

今日の検証結果では残念ながら自分の期待には適わなかった!
(今日の検証ではリスシオワンの薄手無地に軍配が上がる!)

まぁ、あの赤いきつねでさえも色々有るのだから・・・笑 
関西版が不味くなって、関東版が旨いって事になれば、それは・・・
(この事が気になる人はこちら→http://pelikan.livedoor.biz/archives/52104659.html#comments
ロマンだ〜〜〜!!

グラフィーロは軟水処理?硬水処理?それとも六甲の水??笑