iPhoneが登場してから長い間スケジュール管理もiPhoneまかせになって、
気が付けば長い間手帳を使わなくなっていた。
厳密に言うと毎年手帳を買うには買うのだが、年々記入が減っていた。 

しかし、昨年万年筆に嵌ったのが切っ掛けで手帳が完全復活!

色々と書き始めてその便利さと楽しさに改め実感。

どこの手帳が良いか?
使用するペンは何が一番良いか?
使うインクの色&メーカーは?
字幅は何が良いか?

先ず、手帳探しから始まった。
時期は3月だったので既に店頭には1月始まりの手帳は殆ど姿を消していた。
そこで始めて知ったのは4月始まりの手帳の存在であった!今まで全く知らなかった。

1月始まりは年が変わる前に慌ただしく新しい手帳に切り替え、そして使わなくなる事の多い
12月、1月のページに一抹の寂しさを覚えていた。これが4月始まりになると一気に解消される。

と言う事で、4月始まりの手帳からチョイスする事にした。

色々悩んだ末に選んだのは手帳の雄である能率手帳の「ライツ3」
自分にとって必要な月間スケジュールと無地のメモが付いていて、紙の色がクリーム色。
そして、表紙は至ってシンプル。サイズもころよい大きさで、ポケットに入れて持ち歩くに便利。
(本当は表紙は元祖能率手帳の方が表紙は良いのだが、中身が自分の使い勝手には・・・)
なかなかいける!!

ペンはインクはラミーのsafariのEFにラミーのBB(ブルーブラック)で使用開始。
書き味、ペンの重さ、インクの色どれをとってもバッチリだった。

しかし、やけにインクがにじみやすい。少しでも水気に触るとにじむのである。
ラミーのBBは耐光性&耐水性に富む古典インクという情報を元に手帳に使う事を決めた。
おかしいなぁと思い再度調べると後々そのラミーのBBが古典インクでなくなったの情報を入手。

マジか〜!!やっぱり!

それと同様のタイミングで外で使用する際、片手でふたを開け閉め出来ない万年筆の弱点を感じていた。
(以前はシャープペンシルが手帳用だったので・・・)

そこで、何か策は無いかと色々思案して辿り着いた答えが、PILOTのキャップレス。
以前から興味があったのだが、いかんせん万年筆らしからぬ筐体に何となく抵抗感が・・・
しかし、食わず嫌いではと思いお店で手に取り試筆させてもらうことにした。

すると、予想以上に書き易く、使い易い!!
と言う事で色々悩んで決めたのが「Capless decimo」のEFである。
キャップレスシリーズの中で最軽量で、軸も細めで取り回しが良いので機動性に富む。
そして、日本製のEFは細い!

これに色々インクを試してペリカンのBBを入れて快適に!!
(ゴムバンドはお手製。NYで買ったブルックスブラザーズのアクセサリーボックスの物を改良!)
IMG_3046

しかし、今年能率手帳はNOLTYにブランド変更した。
(能率手帳の方が頭良さそうだけどなぁ〜)

現在使用しているライツ3も色々変更になった。
IMG_3045
表紙のデザインが変わり、紙が変わり、六曜が週間から無くなり、アドレス分冊が無くなった。

紙は以前より厚みが少し増した様に感じられ、色々実験すると筆記特性は上がった。
裏抜けが殆ど皆無になった。しかし、紙の色は前の色の方が趣がある様な気がする。

そして何と言っても、色々と万年筆情報をリストしているアドレス分冊が無くなったのは痛い!!
今年はNOLTYサイトから申し込めばアドレス分冊を一人1冊限定で送ってくれる。
と言う事で予備は何とかストック出来た。無くなると困るな〜!!

と言う事で色々あるがもうすぐ、新しい手帳に切り替え。
よし心機一転!今年も頑張っておくれ!ノルティ〜〜〜!

さらば能率手帳ライツ3/2013!
IMG_3044