3月に入ってもまだ肌寒い。今日はちらほら雪まで降った。

それでも先日ちょっと気の早い冬眠明けカエルを発見。そうだ思い出した!!

我家のカエルもそろそろ起こそう!

それはフランス製のPARKER SONNET LAQUE シリーズの1990年代のペン。
当方こいつをカエルペンと呼んでいる。
IMG_3125
詳しい事が良くわからないまま昨年末にオークションで落札した。
(写真もぼやけ気味で少々怪し気だった。)
IMG_3126
軸の模様がまるでカエルの様な色と模様に惹かれて落札したのである。
(既に手元にあったソネット・フジェールがフランス製でバイカラーのペン先が付き
書き味も良かったと言う信頼感が後押ししたのは間違いない。)

しかし、届いたカエルペンのペン先が見るからに怪しい!!
IMG_3127
ネットで調べるとSONNET LAQUE シリーズのペン先は18Kペン先らしい。
ところが自分の手元にあるこのカエルペンのペン先はどう見ても18Kには見えない。
ロゴの刻印と2本のラインのみで何処にも18Kの文字は無く、
何となく薄っぺらいペン先が安っぽくも感じる。

う〜ん、正しい答えは恐らくこの4つ中のどれか。

①最初からバリエーションに廉価版のSTペン先があった。
②誰かがペン先を交換した。(75の初期ペン先を移植?)
③これが本来の姿で自分が無知なだけ。(一番あり得るかも?)
④まっかな偽物。(パーカーだけにあり得るのか?)

激安だったので、どれも可能性はある。しかし、出来る事ならせめて④でない事を願う。

そして今日、複雑な気分のまま冬眠明けカエルペンにインクを吸入。
軸に合わせて丸善の限定インク「玉露」をチョイス!

書いてみると程よく柔らかいペン先で案外書き心地は良い。
う〜ん、気分は更に複雑になった。
IMG_3124
こやつの正体は幸運のカエルか?はたまた毒カエルか?

う〜ん、まだまだ万年筆の謎解きは続きそう・・・!!